アベノミクスの金融政策

大胆な金融緩和の影響

bing

アベノミクス効果の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

アベノミクス政策金融緩和

アベノミクスでの、「三本の矢」とは、公共事業・大胆な金融政策・成長戦略の3つを柱にした経済政策のことを言う。アベノミクスという言葉は、首相の名前とエコノミクス(経済学)を合わせた造語である。ここ20年のデフレ不況から抜け出す為に打ち出された政策である。その中でも金融緩和は注目されている。世の中にお金が出回るようにし、企業や個人がお金を借りやすくする為、金利を下げ景気を上げる戦略である。すでに三番目の矢は放たれ、10年間で国民の平均所得を150万円増やすと述べられた。私たち国民にとっては、これからの動向を見ていくことは必要である。

アベノミクスでデフレ脱却の日本

積極的金融緩和を掲げたアベノミクスが、デフレ脱却に成功して定着してくれば、物価とともに金利も上昇していきます。すでに高層マンションなどの大型不動産物件の購入もヒートアップしてきており、それに対する融資のニーズの高まりから金融業界も活況を呈することになります。また証券やFXなども活気が出てきており、また消費者ローンなどもさらに活発になっていきます。すなわち一部の業界においては、購入した瞬間に価格が目減りするデフレの時代は既に終わった可能性があります。逆に資金を現金のまま保持していると価値が目減りしていくことから、あらゆる購買活動に積極的な刺激を与えます。